風邪をひく事は、重大な病気ではないですが、とてもしんどいものです。
またそれに微熱や高熱を伴う事で、身体が何とも言えなく辛いものです。

まだお熱がでることで、熱と戦う身体であるから「頑張ってくれている」とも思うものです。
長引く風邪は身体も弱ってしまいます。

中学一年生の孫などは、風邪症状となりまして高熱がでても、2日位でケロッとして風邪が治っているのです。
普段スポーツ等に取り組んでいる事で、この様に風邪の治りもはやいのかと驚きます。

私は60歳を過ぎてしまいましたが、毎年風邪をひいていましたのにこの5年間というものはひいていないのです。
免疫力が高くなったのかと、自分なりに思っております。

とても寒がりの私ですから、寒い時期となれば必ず以前は風邪をひいていたのです。

風邪をひかなくなったのも、仕事中や帰宅の際にも気を付けていることはあります。
お仕事中にトイレに行った際にも、うがいします。
また喉に仕事中負担が掛かり、お咳が出始めましたらマスクをつけるのです。

またひとごみの中になるべく行かない事も、風邪をひかなくする一つの方法だと思います。

栄養面にも気を付けて、風邪を引かないようにと好き嫌いしないで何でも食べて、免疫力を高くする工夫をします。

よく3つの首を温める事で、身体を冷やさない様にできると言われています。
私は秋になると、足のウォーマーは必ず着用します。風邪を引かない様にとタイツも厚いものをはきます。
靴下も暖かく感じるものを、2枚もはきます。

この上にホッカイロも身体に3〜4個は貼っていましたが、昨年からは少しずつ貼る個数が減っています。
風邪をひくことで、困難な身体となりなるべく引かない様にと日々努力をしています。ドモホルンリンクル|どこで買えば安く買える?まずは無料お試しセット

最近、母が携帯をガラケーからスマートフォンに機種変更しました。それは別に構わないのですが、操作について何か分からないことがあるたびに私に操作方法を尋ねてくるのでちょっと困っています。
母は今までガラケーしか触ったことしかないのでスマートフォンに戸惑うのは仕方ないと思うのですが、頻繁に質問をしてくるので正直うんざりしています。「自分で操作方法を調べてみたけどどうしても分からないから教えてほしい」ということならば仕方ないと思います。分からなければ人に聞くというのは良い解決法です。しかし、私の母は「分からなければ自分より若くて機械に慣れている子供に聞けばいい」というスタンスで、自分で説明書を読むとか、操作方法を調べるということをしないで何でもかんでもすぐに私に聞いてきます。正直、自分で少しも努力しないですぐ人に聞いて解決しようとする態度にイラッとしてしまいます。家族だから分からないことを聞きやすいし、頼りにしてくれているんだと思いますが、自分で買ったものなのだから自分で使いこなそうとする努力をしてほしいですね。それに、他人に聞くより自分で操作方法を試行錯誤しながら覚えた方が覚えが早いと思います。
母がスマートフォンを使いこなせるようになるにはまだまだ時間がかかりそうなので、これからしばらく母の質問攻めに付き合わなければならないのかと思うと少々気が重いです。年をとっても新しいことに挑戦するその姿勢は良いと思いますが、人に頼りきりにならずに自分で努力することも忘れないでほしいですね。ヒートスリム

最強寒波が来襲してもう1週間たちますね。朝の気温がマイナスになると、もう体が動きません。それでも会社に行かねばならぬ!悲壮な決意を持って駅に向かい、いつもより早めに改札に立てたことで自分をほめてあげたくなった朝のこと、ふと見上げると、発車時刻を表示する掲示板に行き先と番線しか書いてありません。ああ、何かあったのだな、時刻が出ていないということはおそらく、いや絶対に「遅延」。しかも大幅遅延であることは間違いないのです。それでも、いつもより早く着いたのだから余裕はあるはず、思い直して表示のある番線のホームに立ちます。目的の電車がやってきました。乗ります。なかなか発車しません。発車はいつかと心待ちにしていると、アナウンスが「隣のホームからの電車が先の発車です」と抜かしやがります。「!!!」迷いつつも、隣のホームに走ります。せっかく早く着いたんです、何とかしたいじゃないですか。隣のホームに行くには、昇ってきた階段を降りて、もう一度別の階段を昇らなくてはならないのですが、そこそこ老いた体に鞭打って何とか隣のホームにたどり着くとほぼ同時に目標の電車が走り出しました。次に発車する電車はさっき自分がいたホームの電車だとアナウンスがいいます。はい、台無しです。そうですか、そうなんですね、もういいです。これ以上、走れません。今、自分が立っているホームに次にやってくる電車に乗ります。だいぶ遅れてますからね、遅延証明出るでしょう。遅刻はアナタのせいではありません。ただ遅刻した分は時給から引いときます、という会社の方針に従うことにします。ええ、それで結構です。始発駅なので座れますしね。また表示にだまされた、アナウンスの人にからかわれた、表示は「ここが先ですよー」といい、アナウンスの人は「(なんちゃって)隣のホームが先でしたー(笑)」。もう何もかもイライラの素にしかなりません。電車の座席を確保すると、どうして遅れているのかがようやく耳に入ってきます。この駅付近で線路内に人が立ち入ったため・・・ほほう・・・?朝のこの大事な時間に、線路内に立ち入って電車を大幅遅延させるとはいい度胸ではないか!どういう理由かはわかりませんが、私の努力を無にしてくれた不届者は、暴れん坊将軍よろしく成敗してくれるわ!という気持ちになってきまます。会社に連絡を入れ、たぶん遅刻である旨伝えると、心の奥底から更なるイライラが湧き上がってきます。走り出しても時間調整とやらで、何度も何度も止まる電車、アナウンスを聞くたびに舌打ちするオジサン、電波状況が悪くて表示が遅いスマホ、見るもの聞くものすべてにイライラしながら、会社に着いて「おはようございます」。皆の返事は「おつかれ〜」。はい、疲れましたよ。筋肉をつけるにはどうしたらいい?

私が少しイラっとするのは友人の1人です。
私とその方とは高校時代、大学時代と社会人になってからも交流があります。
普段はとてもやさしくていいやつなのですが、少しイラっとする部分もあります。
例えば私もその方も独身なので私の方から女性陣とのコンパ企画を出してみたことがありました。
そうすると相手の女性陣の年齢を聞くだけ聞いて遅れるかもしれないみたいな返事が来たので少しイラっとしました。
というのは彼以外の同級生にもオファーを出したのですが、ノリノリでOKの返事が来るか、行きたいけど仕事で×のようにすぐに答えがわかる返信だったからです。
結局最終的には「自分の気持ちとして来たいのか来たくないのか」の2択を出してようやくOKしてもらったという結果でした。
また逆にその彼からいきなりメールが来たのですが、高校時代の別の同級生の方からコンパの話があったみたいでそれに私が知らないところで出席にしていてもう1人呼べないか?というメールが来たのです。
私からしたらまず本人の私に話を持ってきたうえでもう1人呼べないか?と聞いてくるのが筋なのにいきなりそんなことを言われてもイラっとしてしまいましたね。
その話は結局は彼からしたら「お前やったら一緒に行ってくれると思ったのに」というメールが後で来るのですが、だったら「高校時代のの○○から飲み会の話あるけど、1人じゃ不安やから自分一緒に行ってくれへんか?」みたいに素直にお願いしてくれればいいのにとイラっとしてしまいました。
普段からやさしくていいやつなのですが、こういう少し回りくどいところがイラっとしてしまいます。デパス

私は、一人暮らしが長かったのですが、冬場に風邪を引くことが幼い頃から毎年の様にあったので、その治し方をどうするかが、悩みの種の一つでした。特に一人暮らしをしていると、同居人が居ないので、風邪を引いた時でも不安になることがあります。特に、18歳の時に自然気胸を患って呼吸器に不安のある私にとっては、風邪を引いても、少々では崩れない様にするにはどうするかを考えてみる必要がありました。私が大学を卒業した後、私は広島に住んでいました。駅にも近い場所に住んでいたので、こういったことを活かせると良いと考えた私は、まず、薬局・コンビニエンスストア・スーパー・内科医院の場所をチェックし、そして、ポストに入っている、出前の案内は保存しておきました。冬場になり、風邪を引いたかな?と思った時は、まず、薬局やコンビニエンスストア・スーパーに行って、栄養ドリンクや清涼飲料で栄養ドリンクに近い物を買い込んできます。便利が良い所に住んでいるので、半径5分以内の場所を廻るだけで、かなりの種類のものが買えます。そして、そのドリンクを1種類ずつ全部飲み干します。そして、エアコンの効いた暖かい部屋で、着込んで何もしないで過ごします。食事は、比較的近くにある中華料理店の定食の出前を注文し、温かいうちに完食します。そして、布団にくるまって寝ます。こういったことを1〜2日行っただけで、薬も飲まずにほぼ9割がた風邪は治りました。その為、風邪で、内科にかかったことは4年数か月で1回しかありませんでした。当然、衣類については、こまめに交換することや、トイレに行きたい時は、完全に中のものを出し切ってから出ることは行うことが前提ですが、これは、大学時代に先輩から教えて貰った内容をヒントにしています。その先輩は、私に、風邪を引いた時は、ユンケルを飲むといいと話していましたが、ユンケルの場合、1日1本しか飲めないので、ライフガードやデカビタC、リポビタンD等を組み合わせたものにしたのですが、思った以上に効いたので良かったです。しかし、この方法が、色々な人に参考になるかどうかは判りません。キツイと感じた時は、早めの受診も視野に入れておいた方が良いと思います。気になるめっちゃぜいたくフルーツ青汁の口コミはこちら。